ガゴメ昆布「フコイダン」

ギシギシしない白髪染めは?ダメージは嫌!

MENU

ガゴメ昆布の成分「フコイダン」とは?

優れた保湿力と自己回復力ガゴメ昆布は海藻です。トロロ昆布属の食用です。北海道函館周辺にのみ生育しています。ガゴメという名前の由来は、昆布表面の凸凹模様の籠目(かごめ)からきています。ガゴメ昆布の収穫量は年々少なくなり、昆布の中では最高級の一つにあげられます。

 

右のの写真も最初見た時は、冗談かと思う位でした。昆布と言えばネバリやヌメヌメなのは分かりますが、ガゴメ昆布がここまで凄いと言葉に出来ません。タカラバイオはガゴメ昆布に多く含まれる「フコイダン」を20年も研究しております。今話題の成分となっている成分のフコイダンは、免疫力の向上や育毛効果などの可能性についてまだまだ研究され続けています。フコイダンとは海藻類のネバリ成分に含まれる高分子の多糖類で、食物繊維のひとつです。このネバネバで昆布自ら乾燥や細菌から身を守る機能がある事が分かっています。

 

ガゴメ昆布のフコイダンの育毛効果が業界の話題に。タカラバイオは、日本美容皮膚学会でガゴメ昆布と育毛の関係性について論文を発表し、多くの研究者から高い評価を得ました。手荒れが直るほどの優れた保湿力をもち、育毛効果では毛母細胞の増殖を促進し髪の毛を伸ばす効果があるとされています。

 

 

(株)Jコンテンツ×タカラバイオの共同開発「ルプルプ Wフコイダン」高分子と低分子化した2種類のフコイダンを組み合わせたオリジナル成分です。低分子化フコイダンが毛穴の奥まで浸透して、高分子フコイダンが頭皮の乾燥を防いでくれます。

 

 

ランキングに左右されない選び方

 

 

LpLpトップページ